【熊本産地】強含み

生産農家のごく一部ではい苗割り手の都合で、5日頃からい苗こぎに着手したが、大方は15日前後からい苗こぎに着手する。
このため畳表の生産は漸減状態で、農協市場の出品は一日平均4000枚を切るぐらいだが、中旬以降は極減の見通し。

本格的な秋の需要期となり、畳替え仕事がぼつぼつ出て入用買い注文が入るなど、売れ行きは順調なうえに、この先い植
えになると生産休止となることを見込んでの手当て買い、展示会売約品の納品作業などもあって、産地業者では忙しく立ち回つている。

相場は今年産原草が長草が少ないことから、本間表は麻引、綿引とも製品不足のため値上がりしているが、ここにきて手
当て買いの進行から、全般的に値上がりした。

この先中旬以降は生産がストップする見込みから、相場は高値のまま推しそうだ。

(敷物新聞)


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode